×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラウザの「戻る」で一覧に戻ってね。

2003/8/16〜17 MYSTERY NIGHT2003 「Tense! -意図された緊迫-」    2003.8.20
 夏恒例の一夜。
 疲れましたけど、楽しかったです。今年もとりあえず夏を満喫したって感じです。
 この感想はイベントの様子を知っている人は楽しめるかもしれないですが、イベント自体を知らない人は全くわからないと思います。補足説明したりしてますが、シマが書いてて盛り上がったら、もうコレばっかりはしょうがないです。シマの自己満足なんで。よろしくお願いします。わかる人は笑ったりしてくださいませね。

 まず「ミステリーナイトって?」ってことなんですが、年に1度・夏に行われるホテルメトロポリタンのイベントで、今回で15回目になります。ホテルに宿泊し、舞台で行われる「事件編」を見た後に、ホテルのあちこちに置かれた情報を入手しながら事件を推理し、その犯人とトリックを導き出すというものです。イベントは夜8時半からスタートし、夜通し捜査・推理を行います。(ホテルに居るのにベッドの利用時間が少ないという…) 探偵(参加者)は早朝4時までに事件の真相を記した用紙(逮捕状)を主催者に提出し、朝10時より演じられる「解答編」の舞台で事件の全容が明らかにされます。最も事件の真相に近づき、謎を解明した人が最優秀探偵に選ばれます。
 
 シマは今年で連続3回目の参加になります。
 事件の推理も楽しみですが、演じる役者さん達を楽しめるようにもなりました。去年に引き続き羽田惠理香さんが物語の中の探偵役で出演されていて、更に元CoCoということでデビュー曲を今回も披露してくれました。(ダーリン ジャスト フォーミー 待ってるわ♪ってやつです) なんだか恒例になりつつあります。
 そうそう、恒例といえば、ちょっと前に伊東美咲さんが出ていた「ご○ぶと」のCMで「腰が強い!」と吹っ飛ばされる役の男の人・村松利史さん(ちょっと腹話術の人形のような顔の方 ごめんなさい)も5年位前の舞台で「ボレロ」を踊ったことから、村松さんと言えば「ボレロ」になったそうで、なんだかんだ出演時には踊ってくださっています。リピーターには超有名ですよね。
 今年は客室のテレビで見ることが出来る「ヒントビデオ」のみの出演で、事件の舞台となった廃病院の管理人さん役でしたが、あいかわらずの怪しさ炸裂でした。(所謂「ちょっとキモイ感じ」が…)
 そして15周年記念ということで御本人が会場に来ていて舞台登場時にやってくれましたよ。あの踊り。参加者からは拍手喝采。みんな待ってたって感じです。シマも待ってました! 
 このイベントはリピーターが多いんで、そういう楽しみも豊富にあります。「お決まり」みたいなの。ちなみにもう一人のゲストの方は「子守唄風」に祝辞を読んで下さいました。(笑) そういえば村松さんが今回出演されなかった理由は、昨年の舞台での羽田さんに対するセクハラが原因とウワサされていたり、いなかったり。(笑) 来年はぜひ舞台出演して欲しいです。
 さて、事件編が始まり会場は真っ暗に。そして舞台にピンスポットで照らされたアナウンサー。その人は…「ぬっくん」こと温水洋一さん! 東京公演のみに特別出演だそうです。時々登場して、発覚した事件の情報をアナウンサー役で伝えているわけですが、毎回終わりに、「残念ながら東京公演のみに特別出演の、温水洋一がお伝えしました」や「昨日初めて羽田惠理香さんの隣で呑む事が出来た、(以下同文)」、「他の役者さんと絡みがないので楽屋でいつも一人で寂しい、(以下同文)」など、笑わせてもらいました。
 本当に他の役者さんとの絡みがないから…。ぬっくんらしい淋しげな感じがまた良くて。
 内容は、この時点(2003.8.18)では神戸の公演が終わっていないので触れませんが、事件自体は2003年8月、事件の発覚は2003年12月、という設定なので、時間軸の違いから温水さんが他の方と絡むことは無い訳で、しかもアナウンサーなんで直接事件に関係ないし…。でも、重要な情報をリポートしてくれているので欠かせない役ですよ…ね。
 そんなぬっくんの台詞を、シマは必死にメモしまくっていました。劇中の役者のどんな動きが、どんな台詞が事件解決のヒントになるかわからないですからね〜。でも、後で文字を読むと、真っ暗の中で書いているので非常に字が汚いです…。辛うじて読める程度。でもこれしきでへこたれていてはいけません。
 今回の事件編では、笑えるシーンが少なくて、みなさんかなり真剣に観ていました。舞台の内容自体も緊迫感がある雰囲気なので、なかなか笑いの方向にもって行きづらいのもあったのかもしれませんね。でも笑えるとこももちろんありましたよ。
 捜査編。まず、宿泊する部屋のどこかに隠されているクイズを探し出して解答し、正解であれば新しいヒントが得られるという「ウォーミングアップクイズ」というものがあるんですが…シマ達はこれに非常に手間取りました。
 クイズが書かれた紙は簡単に見つけられたんですが(前々回はスリッパの中、前回はベッドメイキングした方の名前が書かれた紙の裏にありました)、クイズが難しかった…。解けたんですが、おたすけ探偵局の方(ちょびっとずつクイズを解くヒントくれる主催者側の人達)をに少しお世話になりました。あの人達も毎年見てます。
 ホテル内に事前に掲示されている情報も少なくて、大きなパネル2枚しかありませんでした。女性3人組の参加者の方に「他に見つかりましたか?」と声を掛けられたんですが、お互いに2枚とも見つけていて、「少ないですねぇ」なんて交流もありました。今回は犯人やトリックが解りやすかったんですが、歩き回って探す情報は少なかったです。重要な情報はヒントクイズを答えて入れる部屋に多くありました。シマはどっちかっていうと歩き回って探す方が好きかな。閉まったお店のショーウィンドウとかにこっそりあったりする方がイベント感があっていいなぁ。…と言っても、ゆっくり推理できる事はなく、情報やヒントを求めて部屋を出たり入ったり。捜査は続き、夜中まで。逮捕状を書き始めたのは午前2時40分頃からでした。
 今年はあまり眠くならなったし頭も冴えてたので、真面目に逮捕状の記入をしました。…けど、時間が足りないのぉ。書き切れないし、簡潔な文章にすることが出来ないっ。うわぁぁぁ…。そして夜は明けました。
 解決編。探偵役の羽田さんが1つずつ明かしてゆく謎に、自分の答えが合っていた!と噛締めながら進行。そして物語のラストは物悲しい雰囲気でした。今回は全体を通して、シリアスな印象を受けました。

 表彰式では…。今回の最優秀探偵賞は女性4人組。4人揃って146点満点中、145点を獲得して(すげぇ)グループ受賞となりました。多い方で8回目の参加だそうで、この4人は以前のミステリーナイトで知り合ったそうです。
 優秀探偵賞を獲得されたのは、なんとシマの横に座っていたお二人で、3年前のミステリーナイトでの出会いをきっかけに結婚された夫婦の方でした! いやー、愛をも育んでしまうイベント…。ちなみに旦那さんの方から「解りますか?」と声をかけたそうで。九十九さんに「事件を解きに来たのか、ナンパしに来たのか、はっきりせいっ」とツッコまれていました。(笑)
 結構、出会いってあるもんなんですね〜。「また来年会いましょう」から、「今度会いましょう」になり、「結婚しよう」になるんですね。こっちの方がミステリー?
 とにかく慌ただしくイベントの時間は過ぎていきましたが、とっても楽しかったです。
 また来年も挑戦したいと思います!