×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラウザの「戻る」で一覧に戻ってね。

2003/7/26(土) 「SMAP '03  MIJ TOUR」 2003.8.3
 SMAP…生涯2回目です。
 昨年に引き続き、友人に誘われて行って来ました。とりあえず一言で言うと、「イイ」です。
 かっこいいです。おもしろいです。ちょっと感動しました。
 いやー、とにかく人が多い! 場所もスタジアムなんで、収容人数が多いからということもありますが、人、人、人で溢れていました。会場も、グッズ売り場も、駅も、どこもかしこも。
 しかも、老若女女…。男性はホンの一握り程度で、彼女・妻・お子様の付き添いみたいでした。
 そして年齢層が幅広いですね。お子様から、シマの母親以上の年齢の人もたくさんいました。
 しかも、コンサート中は「慎吾ちゃーんっ!」「木村くーんっ!」「きゃーっ!」と、若々しいです。シマらの何倍もエネルギッシュでした。熱いなぁ。感心してしまいます。でも、そういうのっていいですよね。いつでも好きなものがあるのって。
 
 席は、アリーナのかなり後ろだったんで、ステージ上の本物の姿は全く見えず。中央と両脇のスクリーンでほとんど見てました。顔が大きく見えるんで、本人が見えても見る率は高いんですけどね。
 曲の間を映像で繋ぐんですけど、サンダーバードみたいなSMAPのメンバーの人形が出ていました。剛くんが一番似てましたが、みんなの特徴をよく掴んでいるので、それぞれ誰かよくわかりました。話し声が本人達が吹き替えだし。
 曲はシングルのものしか知らないんですが、ダンスや彼らの持ち味で全然カバー。楽しいッス。
 
 MCは中居くんが進行役みたいで。やはりリーダーだからか、話しなれているからか。
 内容はアルバム「MIJ」で好きな曲はなに? って振りからだったんですけど、いつの間にか五郎ちゃんのダンスの話に。
 木村君と二人で歌う曲があって、その時のダンスはみんなの中に紛れ込むことが出来ないから、大変だとか。
 あんまりダンスが得意ではないようですね。それも個性として認められるあたりが、SMAPの凄いところなんだけど。
 で、そんな話をしていたら、彼が移動する時の姿で背筋が良過ぎるということになって、剛くんがボソッと「ハトみたい」って言っていました。(笑) その後、剛くんはソロがあるらしくMCの途中でいなくなってしまい、彼がMC中に発した言葉は「ハトみたい」だけだったという、控え目な一面が浮き彫りに…。
 そして出てきた剛くんは、銀のキラキラのモーニングにお揃いのシルクハットを…。「芸能人オーラ」炸裂です。(本人談)
 今回はタップを披露。タップといえば小堺一機ですね〜、ってマイナー情報です。マニアー情報?
 それはいいとして、なかなかタップ姿はさまになってましたが、やっぱり歌の方が多かったね、タップより。もう少しタップの技とか見せて欲しかったなぁと。残念。
 そういえば中居くんのソロは、かなりインパクトがありました。だって、「トイレットペーパーマン」?
 かなりノリがよくて、本当に楽しかった曲なんだけど、よく聴くとちょっとお下品な言葉が? でもみんなノリノリ?
 歌では、いろいろと難ありと言われている中居くんですが、かなりよかったです。ノリのいい曲は、あの声でも大丈夫! 全然、本人楽しそうだし、実はハマってるから問題なし! (まぁ、アイドルグループとして、5万人を前にあの歌詞はどうか…と言われると、ぐぅの音もでないような気はしますが)
 それから…
 「でも、遠いな。見えない…」と思っていたら、、、来た! 来たよ! 目の前に来たよ、あんた!
 そう。一番後ろに近しい席だったならば、後ろにステージができたら、近いわな! 出ましたステージッ!
 超! 生SMAP! 肉眼で表情がわかるくらい近いッ! ヲオオオオオオオーッ! (ぜいぜい…)
 もう、シマは感動しちゃって興奮しちゃいました。手なんて振っちゃいました!
 雰囲気にのまれちゃってテンション高くなっちゃっいました。
 そんでね、動く台に乗って(友人の話によるとアレは人力だそうです)、ちゃんとスタンド席の人にも見えるように回ってくれるんですねー。さすがジャニーズですね。ファンサービスは欠かさない、怠らない。乙女のハートを鷲掴みですか。
 そんなこんなで、とりあえず終了。
 …でも、これで終わるわけがないですよね。はい、アンコールです。
 すると、中央スクリーンに例のサンダーバードSMAPが。

 剛くん「ねぇ、あれ歌ってないよね」
 木村「オープニングで歌ったじゃん」 他メンバー同じく。
 剛くん「フルコーラス歌ってないじゃん。ちゃんと歌おうよ」 そして手には白い花が一輪。
 「コレを胸に挿してさ」と言って、トイレに行った木村くん以外に手渡す。みんなが胸に挿し終わった頃に戻ってきた木村くんの胸には、すでに花が…。
 剛くん「さすが木村くん」(なぜがここで場内から笑いが。みんな「やっぱりね」感はあるようです。さすが)
 イントロ…
 「世界に一つだけの花」。
 …シマ、ここで本当に涙が出そうになりました。
 なんでか、それほど熱いものが込み上げてきました。この成り行き、この曲のイントロ、この曲の凄さに。
 目をパチパチして泣きませんでしたが、何かが、確かにありました。
 
 そらから何曲かあり、また来ましたよ、後ろのステージ!
 ああ…「らいおんはーと」を後ろから見ました。(後方スタンド向きに歌っていたので、シマ達のいるアリーナ全員に後ろ向きになっていました)お尻の動きが可愛いッス! 後ろを向いた時に、チラッとファンを見て笑う剛くんが、メチャメチャ可愛いッッ!
 なんか中居くんのファン路線で行こう! なんて思ってたんですがすっかり、剛くんに骨抜きになって帰ってきました…。
 また行きたいなぁ。

 余談。
 ちょっと気になった事があるんですが、コンサート自体が3時間半くらいの長丁場なんですが、途中で席を立つ人が多過ぎ。
 どうしても…って感じでトイレに行ったりする人ももちろんいるでしょうけど、平気で曲の最中とかに席を立って通路を歩いていくんで、シマはそういうのが気になって仕方ありませんでした。目の前をちょろちょろされると集中できないんです。メンバー全員のファンじゃない人もいるだろうし、一人だけのファンかもしれないけど、やっぱり5人でSMAPとしてコンサートをしているわけだし、他の人への事も考えて、一連のものを見る観客としての、マナーは守って欲しいものです。
 「あなたに興味はないよ」っていうのが、わかり過ぎ。ステージ上の人はそういうのも実はよく見えたりするんですよね。